水府より愛を込めまして

地元茨城の魅力を再発見したいヘタレの自己満足の為に造られたブログです。

常照寺〜光圀最後の創建寺院〜

第2回目の投稿です!
今回ご紹介するのは水戸市元吉田にある臨済宗のお寺、常照寺です。ここ常照寺は水戸黄門徳川光圀が創建した最後の寺院として知られています。

 

住所:水戸市元吉田町2723
山号:佛日山
宗派:臨済宗大徳寺派
本尊:釈迦如来

 

f:id:darthkeitar3121:20160829195911j:plain

山門入り口です。掲げてある扁額の「佛日山」は光圀の書なんですよ😀
では、お参りに行きましょう!

 

f:id:darthkeitar3121:20160829195944j:plain

山門をくぐると緩く長い階段が!

 

f:id:darthkeitar3121:20160829200006j:plain

階段を上り終えるとそこには石畳の参道が!木漏れ日が美しく味わい深いですね☺️

 

f:id:darthkeitar3121:20160829200701j:plain参道の先の中門を抜ければ本堂です。

 

f:id:darthkeitar3121:20160829200703j:plain本堂です。「徳川葵」も見えますね。

 

f:id:darthkeitar3121:20160829200705j:plain

ちなみにここ常照寺は元々吉田城という城があった場所で常陸大掾氏、江戸氏、佐竹氏が代々治めていました。

寺全域が城跡であり、空堀・土塁といった遺構を見ることができます。

 

吉田城最後の城主は佐竹家臣の車丹波です。
佐竹の重臣であるこの車丹波守斯忠(つなただ)は反徳川の人物であり、会津征伐の際には佐竹を離れ上杉の客将として会津へ行っています。
その後佐竹氏が関ヶ原の合戦後に秋田に移封されることに反対、水戸城奪回を企てますが失敗、磔にされてしまいました。
この話を聞いた徳川家康はそんな忠臣の死を惜しんだといわれています。

 

ちなみに常照寺には御朱印はありませんので悪しからず😉

広告を非表示にする